忍者ブログ
ゲームとかアニメとか漫画とかについてダラダラと。 10/06/08 ハンドルネーム変更。今後はヤマザキと名乗ります。 07/05/27 テスト設置
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 『S.T.A.L.K.E.R. : Shadow of Chernobyl』、やっとグッドエンドに辿りつくことができた。ネタバレなしで感想を。

 このゲーム、グッドエンドを迎える場合と、バッドエンドを迎える場合とで終盤の展開が少し異なっている。俺は少し前にバッドエンドを観て、今回のプレイでグッドエンドを迎えたわけだが。

 うーむ。展開がサッパリ理解できん。正直、バグか何かでイベントとムービーの発生順がおかしくなったんじゃないのかと思えるほどに、何が何だかわからん展開を迎え、そのままよくわからないエンディングに入ってしまった。思いつきで付け足したような展開が連発されて、プレイヤーが完全に置いてけぼりの展開になってしまって、プレイヤーの俺としては消化不良極まりない。ムカムカ。
Wikiのストーリーまとめを読んで溜まった謎は解けたけど、それでも終盤の展開については「え? なんでこうなるの?」としか言い様がない。
ストーリーや展開を考えず、ゲーム部分だけを見ても、やっぱりバッドエンドを迎えたときと同様にイマイチ。一本道をひたすら戦闘しつつ進むだけの、悪い意味で普通のFPSになっていて、STALKERっぽさが全然ないんだよな。このゲームならではの良さが殺されているのだ。

 しかしそれでもトータルでは面白かったと言える。終盤に入ったあたりからこのゲームの良いところが削られていくのは残念としか言えないが、その点を差し引いてもやっぱり面白かった。Mod導入して遊びつつ、続編の『Clear Sky』にも手を出すことにしよう。

 で、これでやっと、やる夫はチェルノブイリの謎に挑むようですを読むことができる……そんなわけで一気に読んだのだが、いやー、良かった。原作のあっさりしてる部分を上手くキャラをあてがって膨らませ、読める内容になってる。

 STALKERというゲームは、プレイヤー側のドラマはあるけどシナリオのドラマがやや弱い……というより、シナリオ上では盛り上がる展開になっているはずなのに、それがゲーム内ではやたら淡々と語られてしまう(それは決して悪いことじゃないが)。そのため、読み物とするにはそのままではマズいのだが、そのあたりを上手に肉付けしてシナリオ上のドラマに仕上げてる。作中にはゲーム内には存在しないイベントが幾つか入っているが、それもきちんとキャラ立ての役割を果たしてるし、それによって日常めいた部分も描かれ、結果やる夫に対する思い入れも深まるというもの。

 いやあ、いいもの読むことができた。面白かった。大満足。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[07/13 APCR]
[07/08 APCR]
[06/13 ヤマザキ(まはまん)]
[06/10 APCR]
[05/25 まはまん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ヤマザキ(元まはまん)
HP:
性別:
非公開
趣味:
酒とゲームとインターネット
自己紹介:
ダメオタです。酒とゲームを取ったら何も残りません。

Xbox360のゲーマータグは Mahaman
メールは

00_extendead_00@
infoseek.jp

まで。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © [ Extendead 日記 ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら… Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]