忍者ブログ
ゲームとかアニメとか漫画とかについてダラダラと。 10/06/08 ハンドルネーム変更。今後はヤマザキと名乗ります。 07/05/27 テスト設置
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 直前の日記でもちょっと触れたが、今年はネオジオ20周年なわけでして。

 俺くらいの世代(30前後)だとネオジオは直撃世代なのですよ。あの当時、行動範囲にゲーセンもなかった(少し遠出すればデパートのゲームコー ナーはあったが)俺としては、どこにでも設置されているMVS筐体は有難かったのですよ。その割に初期ラインナップのksgっぷりに途方に暮れたとかそんなことは敢えて語らない方向で。

 そんなわけでせっかくだから20周年を記念して延々とネオジオゲーで遊ぼう企画を俺内で打ち立て、『斬紅郎無双剣』のアリアリルールでの対戦をやろうと思いつくも相手がおらず即終了。畜生……ナコの遠立ちA>武器飛ばし(こんな連続技でも半分減る)とか、羅刹幻十郎の裏桜花ガード不能とか、修羅幻十郎の三連殺(正面ガードとめくりがボタンの強弱と距離によって異なる鬼仕様)とかやりたかったのに。天草のしゃがみガードD(小足払い)連打で4発ヒッ トして体力半減&気絶>もっぺんやって終了とかやりたかったのに。コマンド投げはガード硬直を投げられるというクソ仕様(『ブレイブルー』もそうだが、 あっちは投げ抜けできるのに対してこっちは投げ抜けなんざない)なのをいいことに打撃を起き上がりに重ねてコマンド投げで終了とかやりたかったのに。

 とか斬紅郎の「そりゃねえよポイント」を書いているとキリがねえが、実際のところネオジオ対戦格闘で対戦やった記憶ってあまりねえな。いい機会だから天外魔境真伝とかサムライ零SPあたりちゃんとやろうかしらー。天外は好きだったんだが未クリアキャラが数人いるんだよな……まあ今更始めたところで対戦できるわけでもねえが、そこまで対戦をやりたいわけでもないのでいいかな、と。

 しかし斬紅郎あたりは今なら結構受け入れられそうなゲームに思えて怖い。主に『北斗の拳』のせいで。ほぼ全キャラが即死連続技を持つ、今で言う「世紀末ゲーム」ってーと元祖は斬紅郎になるんだろうけど(『ストII』だって小足払い連打で気絶>気絶はあったが、あれはちょっと違う気がする)、似たような世紀末ゲームで『闘姫伝承』は今でも結構遊ばれているイメージがあるのに対して斬紅郎は全然話にも出ないんだよな。やっぱり人気ないのかね。

 ……まあ、世紀末ゲーというくくりでは一緒にできても、斬紅郎のほうが色々酷いゲームなのも間違いないんだけどさ。

 そして『S.T.A.L.K.E.R.』クリア。感想は明日の日記で。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» あえてブログの方に投稿してみる
斬サムというと投げや回り込みで後ろを取った瞬間に終了するゲームでしたっけ?

http://www.nicovideo.jp/watch/sm61586

ニコに対戦動画もありますけど何でもありありって感じの対戦にはなってないですね。

雰囲気や演出はいいゲームなんですけどね~。
いろいろとハードル高いゲームでした。

>今で言う「世紀末ゲーム」ってーと元祖は斬紅郎になるんだろうけど

これは実際のところどうなんでしょうね。
X-men COTA辺りもかなりやばかったような(特に初期ver)。
あとkof94なんかもまずくなかったでしたっけ?
それでもやっぱり個人的には初代スト2という気がします。
同時押し関連は危険すぎるので除外しても、気絶コンボ多数ですしリバサが無い(はず)ので投げがきつかったり(投げ間合いも各キャラ違いますし)。
他にも倍ダメージとかブッシュバスターガー不とかいろいろあったような。
北斗や斬サムみたいに誰が見ても分かる派手な酷さは無いですけれど。

それにしてもいわゆる"壊れゲー"でも積極的に受け入れてくれる層ができたのは時代の変化みたいなものを感じます。
APCR 2010/03/01(Mon)23:44:05 編集
» 無題
>APCRさん 
 対戦動画は実を言うとまだ観てないんですが、双方のプレイヤーが「どういうゲームか」を知った上での対戦だと意外と成り立つのかも知れませんな。そのあたり結構気になっているので、後ほどチェックしてみますよー。ハードルが高いというのは同意です。

 X-MENも確かにヤバかったですねえ。ストームが小Kの目押しだけで無限コンボとか(対センチネル限定だったような)。

 初代ストIIは確かに酷いんですが、今の基準で見てそう思うって部分が強いのでなんとなく許容される気がします(当時は比較対照がないのもあって、割とみんな受け入れていたような……)。対してX-MENや斬紅郎は、当時の基準で見ても「いやこれ酷くないか?」と思えるあたりに差があるんじゃないかな、と。
 いや詭弁っぽいなーとは自分でも思うんですけどね。まあ、「私はこう思うよ」くらいに思っていただけると幸いです。

 時代の変化は私も感じますねえ。ギルティがアーケード化されたときに、一撃必殺が(初代から多少のシステム変更があったとはいえ)継承されたのを知ったときにはかなり驚いたものでした。しかもそれが受け入れられたという。
まはまん 2010/03/02(Tue)01:25:10 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[07/13 APCR]
[07/08 APCR]
[06/13 ヤマザキ(まはまん)]
[06/10 APCR]
[05/25 まはまん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ヤマザキ(元まはまん)
HP:
性別:
非公開
趣味:
酒とゲームとインターネット
自己紹介:
ダメオタです。酒とゲームを取ったら何も残りません。

Xbox360のゲーマータグは Mahaman
メールは

00_extendead_00@
infoseek.jp

まで。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © [ Extendead 日記 ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら… Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]