忍者ブログ
ゲームとかアニメとか漫画とかについてダラダラと。 10/06/08 ハンドルネーム変更。今後はヤマザキと名乗ります。 07/05/27 テスト設置
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 Xbox360版『エスプガルーダII ブラックレーベル』が届いたので遊んでみた。とりあえず、BlackLabelモード、アレンジモード、おまけモードを一通りプレイしてみたが、いや、これは凄い。全部別ゲーになってる。

 それぞれ、ガルーダの基本システム(覚聖と錬金)を踏まえてそれに何らかの味付けを行っているんだが、味付けの仕方がいい意味で極端だ。個人的にはアレンジとおまけが気に入った。
以下、間違いがあるかも知れないが、と断った上で。

 アレンジは敵が青と赤の弾を撃ってくるのだが、これがそれぞれショットとレイピア(レーザー)とで消すことができ、弾避けの難度は通常モードより も低い(後半面はそれでも難しいけど)。しかも弾を消す都度、精霊石(覚聖するのに必要な緑のアレ)が手に入るため、覚聖できる機会も多く全体的に弾避け しやすくなっている。
そして中ボス・ボスは通常モードに比べて耐久値がやたらと高く、覚聖しないとダメージがほとんど通らない。そのため、敵弾をショットまたはレイピアで消 して精霊石を稼ぎ隙を見て覚聖して一気に撃破という、「攻め時」「守り時」を考えた動きが必要になってきて面白い。弾の避け方そのものよりも、攻撃を仕掛 けるタイミングを知るほうが重要で、古典的なアクションゲームのようなノリになっている。

 おまけモードは防御的なシステムがとにかく強い。
本来、ガルーダIIは4ボタン(ショット、覚聖、バリア、連射)なのだが、おまけモードはバリアボタンが省かれて3ボタンとなっている。ではバリアはないのかというとそうではなく、『常時オートバリア』となっている。しかもバリアの展開時間がやたらと長い。

 防御的システムはまだある。敵の撃つ弾は青い色をしているのだが、自機に接近するとこれが赤に変色する。この状態で敵を倒すと、赤い色の弾が消えて精霊石に変化する。つまり雑魚がラッシュを仕掛けてくるシーンなどは、ある程度適当に撃っているだけでもほとんどの敵弾を消去することができてかなり楽。

 更にこの赤い敵弾は、『覚聖する』『覚聖を解く』ことでも消去することができるので、

>あっ! ボスが大量の弾を出してきた!>敵弾をひきつけて、青から赤に変色させろ!>そして覚聖!>敵弾消去!

という具合で、覚聖の発動・解除を繰り返すことでほとんど弾避けをせずに済む。

 このモード、昔の俺なら「こんな安易なモードが許されていいのか」とか思ったかも知れないが、今の俺には「良い豪快さを持ったモード」として非常に楽しめた。バンバン飛んでくる敵弾をガンガン消してズンズンと進み、うっかり被弾してもオートバリアで問題なし。そしてバリバリと敵を破壊し突き進む。面白い。

 おまけモードは個人的にはシューティングに初めて触れる人、または触れ始めて間もない人にこそ遊んで欲しいモードだ。

 世間でシューティングの好きな方々、中でもシューターと呼ばれる人種は、シューティングを知らない人に対してその魅力を語るときに、とかくやたら と「難しい、でも面白い」という部分を強く主張したがる傾向がある(俺とかそうでした)が、これははっきり言ってマズい。「難しいけど面白い」というのは、プレイする本人が気付かねば意味のない部分であって、誰かに言われても全く伝わらない部分だ。むしろ「なんでわざわざ辛い思いをしなけりゃならんのだ」と逆効果となってしまうことも少なくない。

 シューティングの魅力を知らない人に伝えたいなら、まずこのジャンルを「面白い」と思ってもらわねばならないのだが、そのためにはある程度、豪快で力押しの許されるバランスのほうが都合がいい(難度についてはまた別問題だが)。その上でプレイヤーが「やってやったぜ」と満足感を得られれば最高だ。
このおまけモードは、その豪快で力押しの許されるバランスを上手く完成させている。

 ……とか言っても俺も長い間シューティングを遊んできた人間なので、本当の初心者の視点なんてものはもうわからないのだが、それでもこのモードはいいと思うのである。色々な人に触れてもらいたいモードだ。

 それにしてもいい買い物をした。私的には大満足と断言できる出来だ。ケイブよくやった。頑張った。
あと繰り返し言うけど、まだ触ったばかりなので上記のシステム話で間違いとかあったらすまん。ツッコミ歓迎。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 良くできてると思う
自分も買ったので感想を少し。

エントリにもあるとおり4つのモードでかなりの別ゲーになってるのが好印象でした。

BLはマイナーチェンジだと思っていたのが、絶無敵ゲージが増えたり絶死界がかなり特殊なルールになったりで稼ぎが熱そうな印象です。
ただセセリが使いづらい・・・。

アレンジも面白いんですが99レベルまでやる人間はどれくらいいるんでしょうか。

おまけモードについてですが

>おまけモードは個人的にはシューティングに初めて触れる人、または触れ始めて間もない人にこそ遊んで欲しいモードだ。

これは同感です。
なんというか「俺sugeeeeee!!」みたいな感じが得られることって重要だと思うんです。
それでおまけモードは敵の攻撃は厳しいけれど防御手段が優秀がなので(しかも使用方法が難しくない)、それを使えば「難所を抜けた!」みたいな感覚が味わえるのは大きいと思います。
シューティング慣れした人間でも本編やって疲れた時の気分転換にいいかもしれないなんて思います。
欠点はとりあえずノービスでもいいから一回クリアしなければならないところでしょうか。

ただ自分も
>長い間シューティングを遊んできた人間なので、本当の初心者の視点なんてものはもうわからないのだが
に思いっきり当てはまってる人間ですけれど。


あとケツイもようやく発売日が決まったようですね。
これは前作のことがあるので期待半分不安半分というところでしょうか。
同じ徹を踏むことは無いと思ってはいますが・・・。
APCR 2010/03/02(Tue)00:43:46 編集
» あのモードの多彩さはいい意味で意外だった
 >APCRさん
 おまけモードいいですよね。防御的でそうそう死なないけれど、自分の意思で操作してる感じはちゃんとあるから達成感も得やすい、という。

 最初から出てるほうが良かったんじゃないかな、とは思いますが、まあノービスならかなり難度低いらしいので(私はまだノービスはやってないんですが)いいかな、という気もしますね。何にせよ、今のシューティングを引っ張っているメーカーのひとつであるケイブが、こういう方面もフォローしてくれるのはちょっと嬉しいですね。

 ケツイは本当に……私も予約はしましたが、なんというか、色々な覚悟の上の予約でした。今度こそちゃんとやってほしいですよ……。
まはまん 2010/03/02(Tue)01:29:31 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[07/13 APCR]
[07/08 APCR]
[06/13 ヤマザキ(まはまん)]
[06/10 APCR]
[05/25 まはまん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ヤマザキ(元まはまん)
HP:
性別:
非公開
趣味:
酒とゲームとインターネット
自己紹介:
ダメオタです。酒とゲームを取ったら何も残りません。

Xbox360のゲーマータグは Mahaman
メールは

00_extendead_00@
infoseek.jp

まで。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © [ Extendead 日記 ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら… Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]